グローバルマインドとは誤った表現である 日本の常識は世界の非常識 正しい言葉は?

「グローバル化」「グローバル人材」などの和製英語がありますが、これを「和製英語」で不自然と感じれば、国際人の感覚であるとも言えます。「グローバル」とは、「地球」という意味であり、言語としては大変不自然な言葉です。

グローバルマインドではなく「国際感覚・国際的意識」

「グローバル」の間違った表現が国際力の妨げになっているとも言えます。

世界共通語は英語ですから、まずは「正しい英語」が基本です。

カタカナの和製英語は、どことなくいい加減に見えるもので、聞いている方の真剣度は下がるので、これが日本の国際意識を弱めているとも言えるでしょう。

国際意識が何故必要か?

今の日本は、世界とともに転機を迎えています。そして、国全体が「国際化」をうたっています。

同時に、日本には優秀な人が沢山います。世界有数で、優秀です。けれども、その「国際感覚」からかけ離れた考え方や常識により、その優秀素材の可能性が国際に留まっていることは、日本経済の発展を止めています。

日本の美徳とされている「沈黙」も国際的には通用しないことが多いのも認識が必要です。「曖昧文化」は非常に不愉快にさせるもので、トラブルのもととなります。

企業は国際知識が少しでもある人材を求めます。

個人もそんな企業に雇われたいがために国際知識を勉強しようとしています。沢山の人が四方錯誤しながら国際スキルの欠陥問題に面しています。

日本は、世界の中でも珍しいくらいの独特な国です。それをしっかりと認識し、意識改革が必要であることを、今だからこそ、変えていく時なのです。

国際意識を身につけるには

まずは、何故国際的になる必要があるのか考えた上で、「まずは自分を知る、自国を知る」ここから始まります。

また、「日本の常識は世界の非常識」と言いますが、それは、単純に日本人が争いや面倒を避けるために、目を瞑ってきた非常識な行動が、いつしか「常識」に変わってしまっただけのこと、だという認識も持つことでしょう。

国際人スキルを身に着けた日本人に教えてもらい、トレーニングを受けることが重要で、意識改革は1,2年で終わるものではないので、しっかりと時間をかけていくことでしょう。

自分や企業を変えることではなく、磨き、自信と可能性をのばすことなのでしょう。

 講座一覧

 

 

お問い合わせ

送確認メールが届かなければ、contact@www.icpa-in.com までご連絡ください。Please check your inbox and confirm.

 
Marketing by