国際的な社交場で日本人にありがち8つのNG行動

国際的な社交の場においても、「私は社交的ではないから」と、自ら壁の花となって、遠くから人間観察をしてしまっていませんか?
実は、それはとても失礼な行動にあたります。そして、その交流会での振る舞いこそが、国際ビジネスでの成功を決めることとなるのです。
今回は、日本人にありがちな8つのNG行為の一つ、「壁の花」「人間観察」について公開いたしましょう。

「社交」=Social とは「社交的になる」=Sociable という意味ですので、社交会、ネットワーキングイベントのような交流会では、当然「社交的に振る舞う」ということが義務付けられます。
そのマナーを知らないと、これもやはり、とんでもなく白い目で見られます。

日本人にありがちなパーティでのNG行動

  • 壁の花、遠くから人間観察、自分では問題ないと思っている
  • 「社交は苦手」といいつつその場にいる
  • 話しかけられることを待っている
  • 話しかけ方がわからない
  • 会話の内容がNG
  • Yes No 質問に、Yes, Noでしか答えない
  • 会話の終え方がわからない
  • 目線が不自然
  • 握手が不自然
  • 名刺と挨拶をする

これらの行動は、単純に「シャイだから許される」「社交的ではないから仕方ない」というふうには取られないのです。
実際は、以下のように取られてしまいます。そして、「マナーもないし、なんだか変な人」と見られてしまいます。全く悪気はなく、このようにみられてしまいます。

  • 壁の花・遠くから人間観察・自分では問題ないと思っている=大変失礼・感じ悪い人・気持ち悪い
  • 「社交は苦手」といいつつその場にいる=何故いるの?話さないなんて失礼
  • 話しかけられることを待っている=変な人
  • 話しかけ方がわからない=子供じゃないのに
  • 会話の内容がNG=プライベートな質問、なんて失礼!タブーな話題:プライベート、下ネタ(セクハラは重大です)、宗教、政治、仕事、悪口、暗い話
  • Yes No 質問に、Yes, Noでしか答えない=感じ悪い人・話をせっかく振っているのに・興味ないのか・つまらない
  • 目線が不自然=何か、おどおどしていて怪しい
  • 握手が不自然=ちょっとあまり関わりたくない

日本人の私達からすると、「あの人は恥ずかしがり屋だから」「あの人は社交的ではないから」「チョット笑い話」で済まされると思いますが、国際交流ではそうも行きません。
社交場にいるのであれば、社交的なことは当然のこと、日本人同士で固まり、他の人と話さない行動も異様に移ってしまいます。
大陸の人たちは、日本人が思うよりもずっと、階級社会、評価社会、ですので、こういった細かい行動で、全てを決められてしまいます。
日本人が最も苦手とする「社交」
このスキルを身につけるには、とにかく、知識と実践、経験でかわります。

国際基準スキルを学ぶICPA講座







お問い合わせ






送確認メールが届かなければ、contact@www.icpa-in.com までご連絡ください。Please check your inbox and confirm.
Marketing by