国際マナーとは、生活の上で必要な所作

マナーと聞くと身構える方が多い
「マナーと聞くと身構える人が多い」とよく聞きましたが、本当だな、と感じています。

本当にちょっとしたことを知らないことが、凄い大きなトラブルに変わります。
小さなトラブルと成るので、知っていることがとても大切です。
知っていて損は絶対にないものです。
そんな難しく考えることも、知らないだけでできていなくて恥ずかしいと
そんなふうに感じる必要はありません。
世の中には、山のように、
「こんな事も知らないの?」
「こんな事でもめるの?」
そんな事が多く、大した事ではない人間感トラブルが、
大きな戦いへと発展していると思います。
でも、、
世の中の人全員が、この、「思いやり」を原点とした、
歴史ある国際マナーを知っていたら?
「連絡なかった!私を無視した!」
「あの人が渡しの目を見なかった!」「あの人は私に意見を言ってきた!」
こんな小さなことを、人間感トラブルにはしなくてすむようになりますよね?
小さなプライドより、
人とのコミュニケ^ションは大切だと思います。
これらが、国際人に必要と感じたのは、
こんな、コミュニケーショントラブルを改善して、
簡単な言葉でいうと、、、
日本の人が、哀しい心を捨てて、
世界中の人が友だちになれたら良いのに!
そんな思いです。
マナーは、上級階級の人が必要なわけでも外交官が必要なわけでもなく、
私達全員が必要な所作。
「マナーを無視する」事が一番マナーがないことだと思います。
日本語がネイティブで文化が違うと結構苦労も多いものです。
文化の違いのマナーや、世界基準を知っておくことが、
自信や安心感にも繋がっていますから。
[contact-form-7 404 "Not Found"]